このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

大判プリンタ

2017/4/3 大判プリンタのサービスは終了しました。

利用資格

TSUBAME2.5(教育用電子計算機システム)の利用者(ただし「学生証」あるいは「職員証」と記された東工大ICカード所有者に限る)
アカウント取得方法についてはTSUBAME2.5利用ポータル利用の手引き
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/user-guides
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/portal/pdf/TSUBAME2.5-porta...
をご覧ください。

利用料

現在無料で利用できますが、無制限に出力してよいというわけではありません。1mあたり1000円前後のコストがかかっておりますので無駄な出力をしないようお願いします。

設置場所とプリンタ機種

・大岡山

HP Designjet 5500ps(Q1252A)老朽化により運用終了
Canon magePROGRAF iPF8400S

 学術国際情報センター(情報棟) 1階 116 オープン入出力室で利用できます。平日(休日を除く月~金曜日)8:30から17:00まで利用可能です(入室の際に東工大ICカードが必要)。

・すずかけ台

HP Designjet 5500ps(Q1252A)老朽化により運用終了
Canon magePROGRAF iPF8400S

 総合研究館 4階 学術国際情報センターすずかけ台分室(動画像処理室)で、平日(休日を除く月~金曜日) 午前8時45分から午後10時 8:30から17:00まで利用可能(入室の際に東工大ICカードが必要)。ただし、総合研究館の建物入り口が18:00頃に閉鎖されてしまうので注意が必要です。繁忙期(12月~2月)のみ土曜日も利用可能です(入室の際に東工大ICカードが必要)。同様に総合研究館の入り口にはご注意ください。

利用する端末

印刷には同室内に設置された教育用電子計算機システムの端末を利用します。TSUBAMEのアカウントとパスワードでログインできます。システム入れ替えに伴い仮端末(27インチのiMac端末)を設置しております。ゲストアカウントでログインしてください。

注意事項

同室内に設置された教育用電子計算機システム端末がメンテナンス等でご利用できない入室を制限している場合は、プリンタもご利用できませんので、ご注意ください。
 

印刷できるフォーマット

 Adobe Reader X (pdf) 及び Microsoft Office 2010 (doc,xls,ppt等) が利用できますが、Officeでの印刷は失敗しやすい傾向にあるので、事前にpdfに変換しておく事を強く推奨します。
印刷には仮端末を利用します。PDFファイルが印刷できます。

用紙サイズ

・ISO A0
・JIS B0

が利用できます。通常はA0の半光沢用紙がセットされています。
B0サイズやマット紙を利用したい場合には職員にお伝えください。
これより小さいサイズはご自身でカットする必要があります。
ロール紙は上記規格サイズより若干大きく出来ているため、
A0,B0で出力しても余白をカットする必要があります。
*B0用紙の提供は終了しました。