このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

GUIアプリケーション起動時に、Can't open display等といったエラーメッセージが出力されて画面が表示されません

ABAQUS CAE, Gauss View などの GUI アプリケーション起動時に

Error: Can't open display:
unable to open X server `'
unable to open display :0.0

などのエラーメッセージが出力されて、グラフィック表示ができない場合、次の二点が満たされているか確認してください。

X サーバソフトウェア 

X Windowを利用したGUIアプリケーションを利用するには、手元の端末でX Windowサーバが動作している必要があります。Windows+Cygwin環境は不具合が多く報告されているので、本格的に利用する場合はLinuxやMac OS Xの利用をお勧めします。 

  • Windowsの場合

標準ではインストールされていませんので、X サーバソフトウェア (Cygwin/X,Exceed,ASTEC-X等)をインストールする必要があります。Cygwinは無料で利用できるWindowsOS向けUNIX環境の一つです。インストール方法を以下のURLにしめしますが、TSUBAMEで購入しているソフトではないため基本的にはサポートできません。[参考: Cygwin インストール方法

  • OS X の場合 (Mac)

10.9 Mavericks, 10.10 Yosemite, 10.11 El Capitan では標準でインストールされなくなりました。こちらを参考にXquartzをインストールしてください。

  • Linux(Ubuntu,Fedora,Cent OS,Redhat他),UNIX

ほぼ標準でインストールされています。 サーバー用途などでは意図的にインストールされていない場合もあります。

X プロトコルの転送 

TSUBAME にログインする際、次に示すように ssh の -Y オプションを明示的に指定してください。

ssh -Y [ユーザ名]@login-t2.g.gsic.titech.ac.jp 

Cygwin/Xを利用するにはあらかじめCygwinからX Windowを起動して置く必要があります。

startxwin

(注)コマンド中のはTSUBAMEアカウントのログイン名です。