このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

HPCI

HPCI/JHPCNと学内アカウントで使用するデータを移動したいのですが?

ご自身のPCを経由するのが基本ですが、直接移動可能です。
次のように操作してください。

    学内アカウント TITECHxxx 
    HPCIアカウント HPCIxxxxx  と仮定します。

1) アカウントTITECHxxx 側にSSH鍵ペアを作成します
    TITECHxxx $ ls ~/.ssh/id_*
    (何もなければ次のように作成します)
    TITECHxxx $ ssh-keygen -t rsa

2) アカウントHPCIxxxxx側のauthorized_keysファイルに上記鍵ペアの公開鍵を"追記"します
    HPCIxxxxx $ ssh TITECHxxx@t2a006170-prov  cat ~/.ssh/id_rsa.pub | tee -a ~/.ssh/authorized_keys

日本語

HPCI共用ストレージマウント時にTSUBAMEを利用しない他のHPCI課題に関するエラーメッセージが表示されます。

複数のHPCI課題に所属し、TSUBAMEを利用しない課題を持つ場合に、以下のエラーが発生することがあります。

mount.hpciコマンドは、HPCI共用ストレージを利用する全ての課題に対してマウントを試みる為、このようなエラーメッセージが表示されます。エラーが表示された場合でも、問題はありませんので無視していただくか、次のFAQを参考にし、HPCI共用ストレージのマウントポイント作成をご依頼ください。

FAQ: TSUBAMEを利用しないHPCI課題に関するHPCI共用ストレージのマウントポイントを作成してほしい。

日本語

TSUBAMEを利用しないHPCI課題に関するHPCI共用ストレージのマウントポイントを作成してほしい。

TSUBAMEを利用するHPCI課題に所属すると共に、TSUBAMEを利用しないHPCI課題に所属している場合、TSUBAMEを利用しないHPCI課題のHPCI共用ストレージのマウントポイントを作成することが可能です。

作成を希望される場合は、以下の情報を明記の上、相談窓口までご相談ください。

- HPCI-ID
- 作成を希望するHPCI課題番号
- TSUBAME上でのHPCI用ローカルアカウント

なお、各課題に割り当てられたHPCI共用ストレージ領域の利用に当たっては、それぞれの課題のためにご利用ください。

日本語

ログイン画面でエラーが発生します

ログインページ
https://hpci-idp.g.gsic.titech.ac.jp/idp/Authn/UserPassword
に直接ログインしようとしたところ、次のようなエラーとなる場合があります。

Our Identity Provider

ERROR
An error occurred while processing your request.Please contact yor helpdesk ...

この場合、お手数ですが、
https://portal.hpci.nii.ac.jp/
から東工大を選択して表示されるログイン画面から手続きをお試しいただけるでしょうか

日本語

GPUは使用できないのですか?

HPCIのログインノードは、GPUがOffにされています。こちら を参照ください。

GPUを使用する場合は、
他のインタラクティブノードで実行していただくか、
ジョブとして投入していただく形で ご利用いただけます。

 

日本語

tsubameでgfarmコマンドが使えません。

TSUBAME(login-t2.g.gsic.titech.ac.jp)に直接ログインしていないでしょうか。
HPCI関係のコマンドを使用する場合は、
hpci-login.g.gsic.titech.ac.jp
にログインをお願いいたします。

TSUBAMEにおけるHPCIの利用については、 こちら を参照していただくと共に、
HPCIに関するマニュアルなども参照いただけますと幸いです。 

日本語

gfarmでエラーが発生します。

まず、こちらを確認して障害が発生したり、メンテナンスが行われていないか確認してください。

なお、証明書が失効後にgfarmのディレクトリにread/writeを行った場合、極まれにumountが正常に終了しないケースが確認されております。 (ファイルのマウントのステータスがおかしくなります。)

この場合、ユーザ権限では再度mountを試みても、正常に動作しないことがあります。
この場合、管理者側で強制的にumountしますので、相談窓口までご連絡ください。

 

日本語