TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

アカウント取得方法

特にことわりがない限り「学生」「職員」と言う言葉は東工大の学生や職員を指します。

アカウント申請手順

所属や制度、利用方法によって異なりますのでそれぞれをご確認ください。

1.学生証・職員証 による利用

東工大ICカードの中で「学生証」又は「職員証」を持っている必要があります。
ライセンス上、本学の学生教職員しか利用できないISVアプリケーションを唯一利用できるアカウントです。
また学術国際情報センターの大判プリンタが利用できます。以下の手順でアカウントを取得できます。

  1. 東工大ポータルにログイン
  2. リソースメニューの「TSUBAME2.5利用ポータル」リンクより、「TSUBAME2.5利用ポータル」に移動
  3. 「新規利用申請」リンクより、必要な情報を入力し、申請を行う
  4. 登録したメールアドレスに、パスワード仮発行通知メールが届くので、メールに記載されているURLより、本パスワードを設定する。
  5. 利用開始

アカウントの有効期限は学生証・職員証の有効期限となります。

2.優遇を受けられるアクセスカード による利用

東工大ICカードの中で「アクセスカード」をお持ちの研究者で、東工大教職員・学生と同等の課金優遇される条件を満たしている必要があります。
アクセスカードをお持ちでも優遇されない方はこの方法では利用できません。他の方法をご検討ください。
課金は優遇されますがアクセスカードは学生教職員としてカウントされないため、ほとんどのISVアプリケーションがライセンス的に利用できないことにご注意ください。

以下の手順でアカウントを取得できます。

  1. こちらを確認して自分が優遇される(=利用できる)かどうか確認
  2. アクセスカードを取得していなければ取得する
  3. 東工大ポータルにログイン
  4. リソースメニューの「TSUBAME2.5利用ポータル」リンクより、「TSUBAME2.5利用ポータル」に移動
  5. 「新規利用申請」リンクより、必要な情報を入力し、申請を行う
  6. 必要書類を送付する
  7. 承認されるのを待つ
  8. 登録したメールアドレスに、パスワード仮発行通知メールが届くので、メールに記載されているURLより、本パスワードを設定する。
  9. 利用開始

アカウントの有効期限はアクセスカードの有効期限となります。

3.TSUBAME共同利用 による利用

こちらをご覧ください。

4.先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業 による利用

こちらをご覧ください。

5.国際共同研究 による利用

こちらをご覧ください。

6.学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点事業 による利用

こちらをご覧ください。

7.競争的資金や共同研究契約に基づいた研究 による利用

こちらをご覧ください。

8.HPCI による利用

こちらをご覧ください。

 

申請用の端末

「1.学生証・職員証」による利用申請のために東工大ポータルにログインするための端末が必要となりますが、研究室や自宅の端末が利用できない場合には、教育用電子計算機システムの端末を申請のために利用することができます。

パスワード

本パスワードに設定できる文字列は

  1. 8文字以上,32文字以下
  2. スペースを除くASCIIの図形文字94種の組み合わせ

となっております。また、

  1. 数字,小文字,大文字それぞれを一回以上使ってないパスワードは利用不可
  2. 同じ文字を 3 回以上連続するパスワードは利用不可
  3. ログイン名に含まれる連続する 3 文字が利用されているパスワードは利用不可
  4. 同じ文字をパスワード長の半分以上の回数利用するのは不可

となっており、安易なパスワードは設定できなくなっております。これらを満たしていても辞書アタック等で簡単に破られるような簡単なパスワードを使用した場合、安全のためアカウントをロックする場合があります。

アカウントのログイン名

ログイン名(ログインID)は利用方法や身分によって決まります。

  • 東工大学生(学生証)学籍番号(例:10B00001)がログイン名です。ログイン名は東工大ポータル、TSUBAME2.0で共通であり、2011年度からはTSUBAME2.0と教育システムのアカウントが共通化されます。進学に伴い学籍番号が変更になった場合には、ログイン名は変更となりますが、データは引き継がれます。
  • 東工大教職員(職員証): 全学メールサービスのメールアドレスの@前の「.(ドット)」を「-(ハイフン)」に変更した物がログイン名です。例えば、東工 太郎 (Taro Toukou)氏の場合、メールアドレスはtoukou.t.aaであり、TSUBAME2.0ログイン名は「toukou-t-aa」となります。
  • 優遇を受けられるアクセスカード: アクセスカードの番号(A0123457)がログイン名となります。
  • 上記以外の利用者YYAAANNN、YYは申請年度、AAAはGSICが設定するアルファベット3文字。NNNはGSICが設定する数字3桁です。例えば、2011年度に申請された方のアカウントのログイン名は11ITA001といった形になります。

 

進学や異動後に継続してTSUBAMEを利用する場合のデータの扱い

アカウントの種類が変更になるとuidも変更となるため、以前のアカウントのデータにアクセスすることができません。アカウントが失効する前に必要なデータを自分のコンピュータにダウンロードし、TSUABME上のデータは削除してください。ただし、「1.学生証・職員証」と「2.優遇を受けられるアクセスカード」間の変更については東工大ICカードの情報が引き継がれていればTSUBAMEのデータを引き継ぐことができます。以下に主な例を示します。

  • 学部から大学院に進学した。 

「1.学生証・職員証」から変更がなければデータは引き継がれます

  • 学生から教員/職員になった。

「1.学生証・職員証」から変更がなければデータは引き継がれます

  • アクセスカード保持者であったが学生又は教員になった。

「2.優遇を受けられるアクセスカード」から「1.学生証・職員証」になった場合でも東工大ポータルの情報が引き継がれていればデータは引き継がれます

  • 学生又は教員であったがカードが失効しアクセスカード保持者になった。

「1.学生証・職員証」から「2.優遇を受けられるアクセスカード」になった場合でも東工大ポータルの情報が引き継がれていればデータは引き継がれます。ただし、優遇が受けられない場合は「3」〜「8」のいずれかのアカウントを利用することになるので引き継がれません。

  • 卒業後、研究生となった。

「1.学生証・職員証」から変更がない場合はデータは引き継がれます

  • 教員が他大学に異動した。

東工大ICカードが失効するので「3」〜「8」の中からアカウントを取得し利用することになります。1.学生証・職員証」からアカウントの種類が変更になるのデータは引き継がれません。ただし、異動後も例えば連携教員として職員証が発行される場合は、1.学生証・職員証」を利用できますのでデータは引き継がれます

  • 「3」〜「8」のでいずれかでTSUBAMEを利用していたが、東工大の学生又は教職員となった。

新たに「1.学生証・職員証」によるアカウントを発行できますが、アカウントの種類が異なるので引き継がれません

アカウント失効後のデータについて

アカウントが失効しても直ちにデータが削除されることはありませんが、アカウントが失効するとログインすることができなくなるので自分では複製も削除もできません。事前にデータの保存と不要なデータの削除をお願いします。グループディスクのデータも残ります。なお、将来TSUBAME2.xのサービスが終了する場合は次期システムへの一定の移行期間を用意した上で削除する予定です。

 

進学等によるログイン名の変更手続きについて

進学等によって学籍番号や職員番号が変更になった場合はTSUBAME2.5利用ポータルでTSUBAMEアカウントのログイン名を変更してください。

http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/portal/html/change_account....

その他

TSUBAME2.5利用ポータルでの作業の詳細は「TSUBAME2.5利用ポータル利用手引き」を参照ください。