このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

Lustreのストライピングの設定方法を教えてください。

work領域はLustreファイルシステムで構成され、グループあたり最大30TBを利用できます.
 Lustreは,ディレクトリ単位でその設定を変更することが出来ます.

Lustreの構成 /work0  OSS=8 , OST=56
                 /work1  OSS=8 , OST=104

情報の取得
  > lfs getstripe -d ./stripe8
  stripe_count:   1 stripe_size:    1048576 stripe_offset:  -1

これは、ディレクトリ"stripe8"の情報を取得しています
この場合、1MB単位で分割されますが、count=1ですので、同じところに保存されます。

設定例
> lfs setstripe -c 8 -s 64k ./stripe8

これは、"stripe8"を8ストライプ、64kで構成する指定をしています
ファイルが64KBに分割され、8つの領域に保存されます。
-cは、OSTの最大数まで指定できます。

【注意】
ストライピングとは、複数のディスクを1つの領域のように利用できる方法で、データを分散して読み書きを高速化しています。
指定できるstripe_countはOST数まで可能です。特に、MPI-IOなどの並列I/Oライブラリとの利用をご検討ください。

 使用例
fortranで、2GBのファイルを出力、計ってみました(インタラクティブ)

> lfs setstripe -c 8 -s 1m ./stripe8
> cd stripe8
> mpirun -np 1 ../sample23

stripe_count | stripe_size | stripe_offset | OUTPUT TIME(sec)
-------------+-------------+---------------+----------------
         1   |     1048576 |        -1     |  14.33704    
         2   |     1048576 |        -1     |  10.51393
         2   |     4194304 |        -1     |  13.21164   
         4   |     1048576 |        -1     |   6.686230    
         8   |     1048576 |        -1     |   4.064054    
        16   |     1048576 |        -1     |   3.543189
         8   |     1048576 |        -1     |   1.749849 (mpirun -np 2)
         8   |     1048576 |        -1     |   1.030777 (mpirun -np 4)   

 Lustreは共用されていますので、ユーザーご自身で性能を確認して利用することをおすすめします。
また、パラメータ設定が煩雑な場合は、ファイルが自動的に並列ストライピングされるGPFSファイルシステムで
構成されたdata領域の利用もご検討ください。