このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

TSUBAME2.5課金改定のお知らせ(2014年4月1日より実施)

TSUBAME2.5課金改定のお知らせ(2014年4月1日より実施)


(2014年度にTSUBAME計算サービスを利用する利用者向けの情報です) 

平成26年2月25日
学術国際情報センター

【TSUBAME2.5課金額改定のお知らせ(決定しました)

※※※ 平成26年4月1日より改定予定であり,現在,役員会の承認を得るための手続きを進めております.
※※※ 承認後,TSUBAME利用者宛にメールで通知させて頂きますが,先行して案内させて頂きます.

※※※ (3/6:追記) 予定通り4月1日より実施することが決定しました。

 いつもTSUBAME2.5をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。東京工業大学における電気料金が値上げされるため、TSUBAME2.5の課金額を平成26年4月1日より下記の通り改定させて頂くことを予定していますとなりました。今後も、TSUBAME2.5の安定運用に全力で努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  1. 従量利用オプション改定額
  最小単位 1口当たりのTSUBAMEポイント 課金額 (改定前 → 改定後)
学内 1口 600ポイント 5,500円 → 6,000円
学内(共同研究) 1口 600ポイント 22,000円 → 24,000円
学外(成果公開) 1口 3000ポイント 105,000円(税別) → 120,000円(税別)
学外(成果非公開) 1口 3000ポイント 391,000円(税別) → 480,000円(税別)
  1. 定額利用オプション改定額
  最小単位 課金額 (改定前 → 改定後)
学内 1ユニット 5,500円 → 6,000円
学内(共同研究) 1ユニット 22,000円 → 24,000円
  1. 改定理由概要

 TSUBAMEの利用料金は電気料金、運用SE委託費、保守費等の運用費用より決定されている。(計算機そのものは含まれていない)
 東京電力の電気料金の値上げにともない平成25年度より10%程度の値上げを実施したが、電気料金の値上がりは震災前に比べ28%以上と言われており、TSUBAMEの平成26年度の運用費用は、平成24年度実績に対し約34%増となることが予測される。課金改定ワーキンググループにて検討した結果、平成26年度より主に電気料金の値上がり分を補填する規模の値上げが妥当であるとの結論に至った。
 なお今年度実施した、TSUBAME2.0から2.5へのアップグレードによる性能向上により、平成25年10月から12月期のジョブの平均ノード時間積が、平成24年度の実績に対し約23%短縮されたとの分析が報告されており、2.5へのアップグレードによる性能向上が実質的な値下げとして利用者に還元されている。

 関連リンク

・東京工業大学学術国際情報センター計算機システム利用細則(改定後の利用細則)
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/sites/default/files/saisoku20140401.pdf

・TSUBAME2.0課金改定のお知らせ(2013年4月1日より実施)(前回の改訂時のアナウンス)
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/880

・東京工業大学学術国際情報センター計算機システム利用細則(前回の改訂時の利用細則)
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/sites/default/files/saisoku20130401.pdf