正確なwalltime指定を促進し、TSUBAMEの稼働率を高めるための消費ポイント計算式の変更について

正確なwalltime指定を促進し、TSUBAMEの稼働率を高めるための消費ポイント計算式の変更について(8.15更新)


(有料サービスを利用している方向けの情報です)

学術国際情報センター
平成26年2月24日

【正確なwalltime指定を促進し、TSUBAMEの稼働率を高めるための消費ポイント計算式の変更について】

※※※ パブリックコメントを受けて実施内容を若干変更いたしましたのでご注意ください ※※※
1.試行期間を設置
2.Vキューのオプション値の繰り上げ

 実態からかけ離れた、長すぎる実行時間(walltime値)が投入時に指定されたジョブによるTSUBAME全体の稼働率低下を改善するため、より正確なwalltimeを指定する利用者が優遇されるような消費ポイント計算式を来年度(2014年4月)から実施します。なお、2014年4月から8月実施予定のメンテナンスまでは試行期間とし、新旧両方の計算式による消費ポイントをジョブ出力結果に併記し、実際には旧計算式でポイントを消費します。
 この変更によりシステム全体の資源有効利用と、利用者のジョブの待ち時間の短縮が期待されます。

変更概要

各ジョブ実行により消費されるTSUBAMEポイントの計算式が変更されます。現在は、実際の実行時間により計算されますが、さらにジョブ投入時に指定されたwalltimeも加味されます。

・実際は短時間で終わるが、指定walltimeが長いジョブ ⇒ 消費ポイント増加
・実際の実行時間に近い、正確なwalltimeを指定するジョブ ⇒ 消費ポイント減少 (最大で20%減)

開始は平成26年4月です。(ただし4月から8月のメンテナンスまでは試行期間とし、旧計算式で消費します)

なお、最終的な課金額には、現在審議中の課金改訂案(9.1~22.8%の値上げ予定)も影響することにご注意ください。

変更詳細

詳しくはこちらをご覧ください。

 


関連リンク:

東京工業大学学術国際情報センター計算機システム利用細則(2014.8.15更新)
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/sites/default/files/saisoku20140815.pdf

TSUBAME2.5課金改定のお知らせ(2014年4月1日より実施予定)
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/1082

2014.2.10 : 正確なwalltime指定を促進し、TSUBAMEの稼働率を高めるための消費ポイント計算式の変更に関する意見公募
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/1077