TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

TSUBAME2.5にないアプリケーションを使用したいのですが?

Linux環境Windows環境に関わらずTSUBAME2.5にインストールされていないアプリケーションを利用したい場合は

  • インストールや実行に管理者権限が不要
  • 自分のホームディレクトリやグループディスクへのインストールが可能(特定のノードのローカルディスクへのインストールは不可です)
  • ライセンス的に問題ない(例えばホームディレクトリにインストールすると、ホームディレクトリを参照できるすべてのノードにインストールしたとも言えるため、そのような状態が問題ないか等)
  • kernelやライブラリやシステムレベルの設定の変更を必要としない物。

であれば利用者の責任で自由にインストールしてご利用いただけます。これらに問題が無いかアプリケーションのインストールマニュアルや利用許諾書をご確認ください。

また学外ユーザーのためインストールされている商用アプリケーションが利用出来ない場合も同様に、適切にライセンスをご用意し利用者の責任でインストール、利用していただく事も可能です。

なおGSICでご用意するアプリケーションではありませんので基本的にはサポートは致しません(そのアプリについて分からないのでそもそも出来ません)。利用者側でTSUBAMEの問題かアプリケーションの問題かの切り分けを行い、アプリケーションに関する事はソフトウエアの提供元へお問い合わせください。

ライブラリやドライバのバージョンはTSUBAMEの定期メンテナンス等で変更になることがあります。その結果それまで利用していたアプリケーションの再設定が必要になる場合があります。場合によっては動作しなくなってしまう可能性も無いとは言えませんのでご注意ください。

自分でコンパイルするアプリケーションの場合(Linux環境)

Make Century;mso-hansi-font-family:Century">してインストールするタイプのアプリケーションでは、通常インストール先を選択できる機能が付属しています。

./configure --prefix=/home/…..

また、コンパイラを指定する場合、

./configure CC=pgcc CXX=pgCC F90=pgf95 FC=pgf95  --prefix=/home/.....

などとすることができます。詳細は、

./configure --help

として確認ください。

コンパイラのバージョンがTSUBAME上で用意されているバージョンでは対応できない場合は別途コンパイラもご用意ください。たくさんの利用者に影響がでますので標準のコンパイラやライブラリ環境を簡単に変更する事は出来ません。

商用アプリケーションの場合

特にライセンスに問題ないかアプリケーション提供元に十分ご確認ください。

アプリケーションにライセンスサーバーが必要な場合は別途ご相談ください。TSUBAMEアプリケーションライセンスサーバー、もしくはTSUBAMEホスティング(ライセンスサーバー)が利用できる可能性がございます。