このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

Patran 2014.1, Nastran 2014.1 公開、学内配布開始について

【Patran 2014.1, Nastran 2014.1 公開、学内配布開始について】

Patran 2014.1, Nastran 2014.1 を下記の通りTSUBAMEでの公開、学内配布を開始します。

1.TSUBAME上での利用方法

○Patran 2014.1

次のコマンドにより、環境変数の設定が行われます。
この設定が無い場合は、バージョン2013が起動します。

$ export PATH="/usr/apps.sp3/isv/patran/patran2014.1/bin/:${PATH}"
% setenv PATH "/usr/apps.sp3/isv/patran/patran2014.1/bin/:${PATH}"

利用の流れはPatran利用の手引き2章をご覧ください。
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/isv-apps/patran/html/patran...

Patran のドキュメントは、Patran 起動後、
メニューの HELP → Contents and Index から参照できます。
新機能は上記ドキュメントの「Release Guide」をご参照ください。

○Nastran 2014.1

次のコマンドにより、環境変数の設定が行われます。

$ export PATH="/usr/apps.sp3/isv/nastran/nastran2014.1/bin/:${PATH}"
% setenv PATH "/usr/apps.sp3/isv/nastran/nastran2014.1/bin/:${PATH}"

Nastranはバージョンごとに実行コマンド名が異なります。
バージョン2014.1ではnast20141コマンドを使用してください。

利用手順はNastran利用の手引き2章をご覧ください。
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/isv-apps/nastran/html/nastr...

Nastran のドキュメントは以下のディレクトリに格納されています。
/usr/apps.sp3/isv/nastran/nastran2014.1/doc/pdf_nastran

2.学内配布

申請方法はこれまで同様ソフトウェア配布をご覧ください。
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/785/