このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

【重要】次期システム(TSUBAME3.0)で導入を希望するアプリケーションの調査(8/24期限)

(学内の皆様にお知らせいたします)

【次期スパコン(TSUBAME3.0)で導入を希望するアプリケーション・ソフトウェアの調査】

             クラウド型ビッグデータグリーン
スーパーコンピュータ仕様策定委員会

 平成28年度に稼働開始予定の次期システム(TSUBAME3)への更新に伴い、導入するアプリケーションソフトウェアの見直しを行います。TSUBAME3.0からは、ライセンス料がかかるアプリケーションについては、その利用の度に課金がかかる制度を導入する予定です。受益者にも負担して頂き、より公平で多くの利用者の希望に応えるアプリケーションを導入して行きたいと思います。

 アプリケーション利用の状況に応じてライセンス数の増減・廃止および新規アプリケーションの導入を適当な頻度で行って行きたいと考えています。(このアプリ課金制度の導入は正式に決まったものではありません)

 まずは、TSUBAME3.0稼働開始時に導入するアプリケーションを選定する必要があります。いつもTSUBAMEを利用している皆様から広く希望を募り、これまでの TSUBAME での利用された実績を加味して、選定したいと考えております。

 以下の注意事項をお読みのうえ、8/24までに専用のフォームよりご応募ください。

- 注意

  • TSUBAME上での利用が前提になりますので、Linuxで動作するアプリケーションでお願いいたします。
  • 教員からの応募のみ有効です。学生からの希望は指導教員が取りまとめてください。
  • 選挙の投票に近いものがありますので、自分が導入を希望しているアプリを利用している他の教員が、まだ回答していない場合は、是非回答するように声をかけて頂けますよう、お願いします。
  • 複数のアプリケーションを希望する場合にはアプリケーションごとにフォームからご回答ください。アプリケーション内の複数のモジュール等は併記していただいて結構です。
  • 既にTSUBAMEに導入されているアプリケーションも見直しの対象となりますので、継続してご利用を希望する場合にはフォームからご回答ください。

- 参考
現在のTSUBAMEに導入されているアプリケーション
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/applications

- アンケートフォーム
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/t3-app-enq (終了しました)