INTELコンパイラ製品アップグレードに伴うライセンス更新作業について(3/17実施)

平成28年3月4日
学術国際情報センター

【INTELコンパイラ製品アップグレードに伴うライセンス更新作業について(3/17実施)】

INTELコンパイラ製品アップグレードを行うため、ライセンス更新作業を実施いたします。

そのため、INTELコンパイラを一時的に利用できなくなります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします。

1.実施日時

平成28年3月17日(木) 10:00から10:30頃

2.影響

上記日時の間、INTELコンパイラの利用が失敗する可能性があります。
なお、コンパイラで生成したバイナリの実行には影響がありません。

3. INTEL コンパイラ製品アップグレードについて

今まで公開していた製品は Intel Cluster Studio ですが、
このたび Intel Parallel Studio XE Cluster Edition へと
アップグレードすることになりました。

 


アップグレードについて情報をまとめました。

○アップグレード発生の背景

これまで Intel Cluster Studio を購入し運用してきましたが、
インテル社の方針により、Intel Cluster Studio 製品としての新規提供が終息しました。
そのため、このままではバージョン 2016 以降の入手が出来ない状況です。

この問題への対応のため、インテル社より無償にて Intel Parallel Studio XE 2016 Cluster Edition へと
アップグレードできる権利が提供されております。今回はこのアップグレードの対応を行います。

○アップグレードによる影響について

アップグレードも引き続き、今まで提供していた Intel Cluster Studio をご利用になれます。
Intel Cluster Studio の利用方法の変更や、利用できなくなる製品はございません。

Intel Parallel Studio XE 2016 Cluster Editionは、
TSUBAME 上の既存製品に対して上書きする方式ではなく、
別のディレクトリを用意しそちらにインストールいたします。
ライセンスを更新し動作確認が完了したのち公開予定です。

○アップグレードに伴うコンポーネントの追加について

Intel Cluster Studio、Intel Parallel Studio XE Cluster Edition の
コンポーネントは以下の通りです。
アップグレードにより、使用可能となるコンポーネントが追加されます。

・Intel Cluster Studio に含まれている各コンポーネント
- インテル C++ コンパイラー + インテル IPP / MKL /TBB (Composer Edition for C++ Linux)
- インテル Fortran コンパイラー + インテル MKL (Composer Edition for Fortran Linux)
- インテル MPI ライブラリー
- インテル Trace Analyzer & Collector

・Intel Parallel Studio XE Cluster Edition で提供される追加のコンポーネント
- インテル Advisor XE
- インテル VTune Amplifer XE
- インテル Inspector XE

以上