2016年春メンテで何が変更されたのでしょうか。

2016年春のメンテナンスでの変更点の詳細な情報を以下にまとめました.

1. OS/ライブラリのアップグレード
  OSに変更はありません。
  提供ライブラリに一部変更があります。ユーザ様にて,特に影響を受け,対応が必要となることは以下の通りです.
    ・自前で用意したプログラムがそのままでは動作しなくなる場合があります.
      そのため,実行モジュールの再コンパイルをお願いいたします.
      もし,再コンパイルが上手くいかない場合はお問い合わせフォームまでご連絡ください.
    ・.bashrc などで環境変数を設定されている方は,アプリケーションのパス変更にご注意ください.
    ・一部,ISV・Free アプリケーションは,新OSに従来提供していたバージョンが対応しておらず,より新しいバージョンを導入しております.
    ・アプリのバージョン違い,モジュールを作成する際のコンパイラの違いにより,計算結果が同一とならない点にご注意ください.

  CUDA 7.5 (/usr/apps.sp3/cuda/7.5/)
  OpenMPI
     1.6.5 (gcc4.3.4) ((/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/g4.3.4/)
     1.6.5 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/p16.1/)
     1.6.5 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/i2013.1.046/) ←デフォルト(変更なし)
     1.8.2 ((gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/g4.3.4_cuda7.5/)
     1.8.2 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/p16.1_cuda7.5/)
     1.8.2 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/i2013.1.046_cuda7.5/)
   Mvapich2
     2.0rc1 (gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/g4.3.4_cuda7.5/)
     2.0rc1 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/p16.1_cuda7.5/)
     2.0rc1 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/i2013.1.046_cuda7.5/)
   mpich2
     3.1 (gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/g4.3.4/)
     3.1 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/p16.1/)
     3.1 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/i2013.1.046/)

2.アプリケーションのデフォルトバージョン
  以下のように更新されます。古いバージョンを利用する場合にはパスの指定をしてください。
     ANSYS                     16.0  -> 16.2 
     Patran                     2013  -> 2014.1 
     MD Nastran               2013  -> 2014.1 
     MARC                       2013.1  -> 2015 
     LS-DYNA                    R7.1.1  -> R8.0.0 
     Gaussian                     09 Rev D.01  -> 09 Rev E.01 
     AMBER                     14 update 12  -> 14 update 13 
     Mathematica                10.0.2 -> 10.3 ->  (10.4はTSUBAMEでは動きません)
     MATLAB                      R2015a -> R2016a
     AVS/Express               8.2  -> 8.3 
     PGI C/Fortran Compiler 15.7 ->  16.1

3.マシンの移設に伴うキューの変更
   計算ノードの一部に廃止を含む削減が発生しています。

   キュー 内容(ノード数)
   S      338 → 300
   S96     41 → 30
   G      480 → 434
   V      430 → 384 (最大)
   U         240 → 194(最大)
   L128      廃止
   L128F    廃止
   L256     8 (GPU無し)
   L512     2 (GPU無し)
   H/X                   420  → 380 
   (H提供最大数)     (475) → (420)
   win/インタ   変更なし