このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

Mathematicaの起動に失敗します

Cygwin で TSUBAME に接続し Mathematica を利用する場合、「startxwin」で起動したターミナルでは Mathematica の実行に失敗します。「startxwin」の代わりに「startx」を実行してから、Mathematica を起動してください。

○以下はバージョン 7 系統に関する記述です。

「Mathematicaの起動時に重大なエラーがおきました...」というメッセージが出力される場合は、Mathematicaのフォント設定に起因するエラーです。TSUBAMEのようにリモートからログインして使用する際は、フォントサーバでのフォント提供を受けるか、クライアント端末側でフォントを持っておく必要があります。

Mathematica起動コマンドは「Mathematica」「mathematica」の二つあります。頭文字が大文字の「Mathematica」lコマンドで起動することによりフォントサーバとの接続設定が自動的になされます。一方、頭文字が小文字の「mathematica」コマンドではフォントサーバとの接続設定を行わなれません。「Mathematicaの起動時に重大なエラーが起きました…」というメッセージが出力される場合は、頭文字が大文字の「Mathematica」コマンドで起動するようにしてください。