このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

2016年度に利用する支払いコードの変更申請のお願い

(2016年度に有料サービスを利用する利用者向けの情報です)

学術国際情報センター
平成28年5月19日

【2016年度に利用する支払いコードの変更申請のお願い】

支払いコードの変更申請の受付を開始いたしました。

2016年度に利用する支払いコードについて、予算コードを「0」 かつ 予算区分が法人運営費と奨学寄附金と科学研究費補助金以外 かつ 「取得中」をチェックした状態で新規支払いコード申請を行い、承認された方は、2016年6月17日までに変更申請を行ってください。

変更申請の方法については
TSUBAME計算サービス 各種利用の手引き
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/user-guides
TSUBAME2.5利用ポータル利用の手引き
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/portal/pdf/TSUBAME2.5-portal-guide-ja_0.pdf

8.支払いコードを申請する
に記載されています。
--------------------------------------------------------------------------------
変更申請はTSUBAME2.5利用ポータル( https://portal.g.gsic.titech.ac.jp/ )にログイン後,支払いコード管理から,変更申請を行う予算コードの詳細表示ボタンをクリックし,変更ボタンを押した後,「取得済」をチェックした状態とし,予算コードと予算名称を物品等請求システム ( http://keiyakuw.jim.titech.ac.jp/index_sso.html )の[全体収支照会]から確認したものに変更し,変更ボタンをクリックし,内容を確認した後,OKボタンをクリックします.
--------------------------------------------------------------------------------