このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

インストール先ホスト表の記入方法

 

 目次

 


IPアドレスとは 131.112.0.0 や 172.16.0.0 といった4つに区切られた数字で、Internetを利用するPC等に必ず割り当てられており、宛先や送信元を識別するのに利用します(電話に例えるなら電話番号のような物です)。これらは簡単に変更が可能なので確実ではないのですが、ライセンスサーバーやソフトウエアの不正な利用があった際に端末を特定する判断材料のひとつとして、ソフトウエアの利用者から収集しております。

192.168.で始まる番号はほとんどのケースでブロードバンドルータを設置して、その中でしか有効でないアドレス(内線番号のような物です)ですので申請書には利用できません。このようにNAT変換している場合、ブロードバンドルータのWAN側(外側)のIPアドレスを記入してください。設定した人が必ずいるはずですので、わからなければまずは研究室等の管理者や建物の「支線管理者」に確認して記載してください。どのようなネットワークを構築しているかは、それぞれの組織でことなるので、センターの職員が調べることはできません。もしくは次のセクションで説明する方法で確認することもできます。


    ログイン方法TSUBAME2.0利用の手引き4.2 ログインを参考に、TSUBAME2.0にログインをして、「who -m」と入力し、Enterキーを押してください。

    【「***任意の文字列***.titech.ac.jp」が表示された場合】
    「***任意の文字列***.titech.ac.jp」が表示された場合は、それを「ホスト名+ドメイン名」に記入し、「nslookup ホスト名+ドメイン名欄に記入した文字列」と入力し、Enterキーを押して、'Address'を「IPアドレス」欄に記入してください。
     

    who_-m_hostname.png

    【「***任意の文字列***.titech.ac.jp」が表示されない場合】
    「***任意の文字列***.titech.ac.jp」が表示されない場合は、それを「IPアドレス」欄に記入してください。

    who_-m_ip.png

    Windowsの場合は、 Windowsロゴキーを押しながら、Rキーを押し、「ファイル名を指定して実行」の'名前'に「cmd」と入力して、[OK]ボタンをクリックしてください。

    cmd.png

     コマンドプロンプトから「hostname」と入力し、Enterキーを押し、表示された文字列を「ホスト名+ドメイン名」欄に記入してください。

     

     

    hostname_windows.png
    Machintoshの場合は、Machintosh HD > アプリケーション > ユーティリティ から、「ターミナル」を起動し、「hostname」と入力し、Enterキーを押し、表示された文字列を「ホスト名+ドメイン名」欄に記入してください。 

     

     

    hostname_mac.png

     

「OS」欄と「備品番号」欄

 Windowsの場合

Windowsロゴキーを押しながら、Rキーを押し、「ファイル名を指定して実行」の'名前'に「msinfo32.exe」と入力して、[OK]ボタンをクリックしてください。

 

Win+R.png

 

Win+R.png

 

'OS 名'を「OS」欄に記入してください。
「備品番号」がわからない場合は、'システム モデル'を「備品番号」の「記号」欄に記入し、プロダクト ID 確認方法 - Windowsを参考に、'プロダクト ID'調べて、「備品番号」の「物品番号」欄に記入してください。
(「備品番号」がわかる場合は、「備品番号」を記入してください。) 
 


Macintoshの場合

Mac OS X のバージョンおよびビルド情報を確認するを参考にOSのバージョン番号を「OS」欄に記入してください。
次に、「備品番号」がわからない場合は、Apple ハードウェア製品のシリアル番号の調べ方を参考に、シリアル番号を調べて  「備品番号」の「物品番号」欄に記入し、保証状況とサービス期間を確認するにアクセスし、シリアル番号を入力して[続ける]をクリックして、モデルを「備品番号」の「記号」欄に記入してください。(【参考】iMac のモデルを識別する方法MacBook のモデルを識別する方法MacBook Air を識別する方法MacBook Pro モデルを識別する方法)
(「備品番号」がわかる場合は、「備品番号」を記入してください。) 

 


Linuxの場合

 「OS」欄にはディストリビューションの情報を記入してください。
「備品番号」がわからない場合は、「備品番号」の「記号」欄は製品型番を記入し、「備品番号」の「物品番号」欄はMACアドレスを記入してください。
(「備品番号」がわかる場合は、「備品番号」を記入してください。)