このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

年末年始および年度末におけるH/Xキューの運用について(2/24更新)

(バッチキューを利用している方向けの情報です)

学術国際情報センター
2016年11月30日

【年末年始および年度末におけるH/Xキューの運用について】

 年末年始および年度末は下記のとおり予約(Hキュー)を休止し、Xキューのみとします。なお、障害・混雑の状況によっては、利用者に周知した上で、追加のHキューの休止を実施することがあります。

1.年末年始(12-29から01-03のスロット)

長期間メンテナンスが出来ず、後半になるほど、予約台数を確保出来ない可能性が高いため。

2.年度末メンテナンス前1週間程度

年度末の混雑時のジョブ実行機会の均等化に加え障害による実行機会損失時の補償枠を設けるため。

(2/24追記) 年度内の最後のHキューのスロットは03-23の予定です。

その他:

障害・混雑の状況によっては、利用者に周知した上で、追加のHキューの休止を実施することがある。

以上


参考リンク:

2015.12.10 : 年末年始および年度末におけるH/Xキューの運用について
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/1412

2014.12.19 : 年末年始および年度末におけるH/Xキューの運用について
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/1251

2013.12.12 : 年末年始および年度末におけるH/Xキューの運用について
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/1052