このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

2017年度のグループディスク/data0の運用変更について

2017年度のグループディスク/data0の運用変更について

(グループディスクを利用している方向けの情報です)

学術国際情報センター
2017年1月13日

【2017年度のグループディスク/data0の運用変更について】

グループディスクとしてサービスしている/data0の運用を2017年4月より次のように変更します。

・バッチキュー計算ノードからの/data0アクセスはGPFSではなく広く
  一般的に利用されているNFSを利用する
・GPFSによる/data0の直接マウントはインタラクティブノード及びIO専用ノードのみとする

この変更によりパフォーマンスの低下が起こります。

/data0は長期のデータ置き場とし、計算の一時ファイルなど高速なI/Oが必要な場合は/work0,/work1を利用してください。

以下は背景となります。