このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

2017年春メンテで何が変更されたのでしょうか。

2017年春のメンテナンスでの変更点の詳細な情報を以下にまとめました.

1.ライブラリのアップデート
  OSに変更はありません。
  提供ライブラリに一部変更があります。
  PGIコンパイラのデフォルトバージョンがアップしています。
 環境を指定することで旧版も使用できます。
 PGIコンパイラを使用している場合は、確認をお願いいたします。

  MPI関係ライブラリを以下に示します。
  OpenMPI    
     1.6.5 (gcc4.3.4) ((/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/g4.3.4/)
     1.6.5 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/p16.1/) ← (旧)こちらも使用できます
     1.6.5 (pgi17.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/p17.1/) ← 2017年更新
     1.6.5 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.6.5/i2013.1.046/) ←デフォルト(変更なし)
     1.8.2 ((gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.8.2/g4.3.4_cuda7.5/)
     1.8.2 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.8.2/p16.1_cuda7.5/) ← (旧)こちらも使用できます
     1.8.2 (pgi17.1) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.8.2/p17.1_cuda7.5/) ← 2017年更新
     1.8.2 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/openmpi/1.8.2/i2013.1.046_cuda7.5/)
   Mvapich2    
     2.0rc1 (gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/g4.3.4_cuda7.5/)
     2.0rc1 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/p16.1_cuda7.5/) ← (旧)こちらも使用できます
     2.0rc1 (pgi17.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/p17.1_cuda7.5/) ← 2017年更新
     2.0rc1 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/mvapich2/2.0rc1/i2013.1.046_cuda7.5/)
   mpich2    
     3.1 (gcc4.3.4) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/g4.3.4/)
     3.1 (pgi16.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/p16.1/) ← (旧)こちらも使用できます
     3.1 (pgi17.1) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/p17.1/) ← 2017年更新
     3.1 (i2013.1.046) (/usr/apps.sp3/mpi/mpich2/3.1/i2013.1.046/)

2.アプリケーションのデフォルトバージョン
  以下のように更新されます。古いバージョンを利用する場合にはパスの指定をしてください。

  • ANSYS (Mechanical and CFD)  16.2 -> 17.2
  • Patran  2014.1 -> 2016
  • MSC Nastran 2014.1 -> 2016.1
  • MARC 2015 ->2016
  • Gaussian 09 Rev E.01 -> 16 Rev A.03
  • Gauss View 5.0.9 -> 6.0.16
  • AMBER 14 update 13(CUDA7.5) -> 16 update 1 (CUDA7.5)
  • MATLAB R2016a -> R2016b
  • PGI C/Fortran Compiler 16.1 -> 17.1 

 

3./data0の運用

運用変更されています。(リンク)