このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

8/1以降の学内配布アプリケーションについて

 TSUBAME2で学内配布しているアプリケーションについて、8/1以降はTSUBAME3のライセンスサーバを参照するように設定し直す必要があります。ライセンスサーバおよびポート設定は以下の通りです。

 hostname: lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp

また、変更する箇所について不明な点がある場合はインストール手順書を掲載しますので、こちらをご覧ください。(学内限定)

以下の表は学内配布アプリケーションの設定方法です。TSUBAME2.5内でアプリケーションを利用する場合の設定方法はこちらをご確認ください。(8/1 18:54追記)

アプリケーション バージョン インストール手順書
(内容は2.5のものです)
変更箇所(ポート番号) 左の手順書で読み替えていただくところです
Gaussian 16 A.03

 

なし
GaussView
 (Gaussianとセットでの配布)
6.0.16   なし
AMBER 16   なし
Materials Studio 2017 R2 Windows 7ページを参照してConfigure Materials Studio 2017 R2 Licensingを実行して設定する。
Host name: lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp
port: 27005
Discovery Studio 2017 R2 Windows 11ページを参照してConfigure Discovery Studio 2017 R2 Licensingを実行して設定する。
Host name: lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp
port: 27005
PATRAN 2016 Windows ポート番号 27004
AVS/Express

8.3

Windows
Linux

インストール手順書の記述のうち、以下の XP_LICENSE_SERVER の該当箇所のライセンス設定を
license.g.gsic.titech.ac.jp -> lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp
に読み替えて実行する。

Windowsの場合

手順書の8ページのライセンス設定を参照
XP_LICENSE_SERVER=lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp:33333

Linuxの場合

手順書の2ページ下部のライセンス設定で
export  XP_LICENSE_SERVER="lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp:33333"

Mathematica 11.0.1 Mathematica学内配布 ポート番号 16286-16287
ANSYS 18.1 Windows
(デフォルトのインストールパスの場合)C:\Program Files\ANSYS Inc
\Shared Files\Licensing\ansyslmd.ini の以下の2行を変更する。

SERVER=27001@lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp
ANSYSLI_SERVERS=2325@lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp
(ANSYSLI_SERVERSのポートは変更しない)

ABAQUS CAE 2017 Windows

プロキシサーバを利用している場合 lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp を除外してください。

新規インストール時

手順書中、hostsファイルの設定は不要です。
5ページの説明にて「SIMULIA FLEXnet」ではなく「DSLS」を選択してライセンスサーバー1に「lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp:27003」を入力します。

インストール済みの場合

インストールディレクトリ以下にあるabaqus_v6.envを検索してテキストエディタで以下の通り編集する。

  1. license_server_type=FLEXLM 行の先頭に#を付けてコメントアウト
  2. 次の行に license_server_type=DSLS を追加
  3. abaquslm_license_file="27030@t2zlic01-prov" 行の先頭に#を付けてコメントアウト

C:\ProgramData\DassaultSystems\Licenses\DSLicSrv.txt として、DSLicSrv.txtの中身を次のようにして作成する。ディレクトリがない場合は新規作成する。

lice0.int.t3.gsic.titech.ac.jp:27003

こちらをダウンロードしても利用できます。

Intel Parallel Studio XE
Cluster Edition
(Intel Compiler)
2017 Update2(Windows)
Update3(Linux)
Windows
Linux
ポート番号 27011
PGI Compiler 16.5 Linux 手順書の6ページを参照して設定する。
ポート番号 27012

 

こちらを見て設定しても動作しない場合にはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

その際にはこちらを見てどの部分を変更したか、エラーメッセージが表示された場合にはそれもお書き添えください