TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

PBSでの実行ディレクトリの指定方法が良くわかりません。(TSUBAME1と同様なカレント指定を教えてください)

 PBSで投入するジョブスクリプト内では明示的に実行ディレクトリを指定してください。
無指定の場合は、ホームでの実行となります。(実行場所から各ファイルが見えている必要があります)
 
次のようにジョブスクリプト内で指定してください。
 
1.カレントディレクトリで実行
   cd ${PBS_O_WORKDIR}  ←ゼロではありません。大文字の"オー"です。
 
   ※カレントディレクトリとは、ジョブの投入を実行したディレクトリのことです。
 記述例
  > cat sample.sh
  #!/bin/bash
  export OMP_NUM_THREADS=8 
  cd ${PBS_O_WORKDIR}
  ./OMPexe
 
2. ホーム下の"test"ディレクトリで実行
  cd $HOME/test
 
3. /work0下の"10AB0101"で実行
   cd /work0/t2g-group-xx/10AB0101
 
4.スクラッチの利用
 ・共有スクラッチは $TMPDIR の環境変数をご利用ください。
  (詳細は利用の手引4.6.3)
 ・SSD(ローカルスクラッチ)はstagein/outをご利用ください。
     (詳細は利用の手引4.6.4)