TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

グループディスク課金システムの試験運用開始について

(追記あり)  

これまで1グループ一律10TBとしていたグループディスクオプションですが、 年度末メンテナンス・グランドチャレンジの終了後は以下の通りグループディス ク課金システムが有効になります。ただし単価や課金開始時期が未定なため、し ばらくの間は実際に請求はいたしません平成23年8月分より課金が開始されます。  なお、すでにグループディスクを利用中のグループには、4月分に、現在使用 中の容量を上回る、最小の設定可能なクオータ値をあらかじめシステム側で設定 させていただきます。これらの値はTSUBAME利用ポータル内で設定変更が可能で す。(例:4.5TB利用中のグループ -> 5TBのクオータを設定)   注意事項   *まだ実際に請求はいたしません*   *まずは23年4月分のみ、設定可能です*

                記

・従量制オプションのTSUBAMEポイントによる支払い

・1TB単位で月毎に設定

・実際に保存している容量や転送量ではなく,
 保存可能枠(ディスククオータ)に課金

・Lustre領域(/work0)とGPFS領域(/data0)でそれぞれ設定

・前払いのみ(対象月開始時ではなく設定直後にTSUBAMEポイントを消費)

・翌月以降の設定値は事前にキャンセルが可能(返ポイント)
  例:4月に「6月1TB」を購入した場合,
    4,5月中であればキャンセルしポイントに戻す事ができる.

・当月の設定値はキャンセル不可能(増やすのは可能)
  例:4月に「6月1TB」を購入した場合,6月にそれをキャンセルできない.
  例:4月に「6月1TB」を購入し,6月に6月分をさらに追加する事ができる.

・当月に利用が全くなくても返ポイントしない.

・月の切り替わり等に設定値が実容量を下回った場合の動作
 - 利用者は対象ディレクトリにアクセス不能になります.
 - 保存可能枠を適切に購入する事で再度アクセス可能になります.
 - 一定期間アクセス不能状態が続いた場合,
  システム側で今後削除する事があります.(具体的な運用方法については検討中)

・初回利用時は設定した月になると,
 ディレクトリが自動的に作成されます.
 - ディレクトリ名(Lustre) : /work0/グループ名
 - ディレクトリ名(GPFS) : /data0/グループ名

4月8日現在、それぞれのディレクトリに対して、
  1グループあたり最大30TB
  全グループ合計で750TB
 の制限があります。
をかけております。無料期間ではありますが、必要以上の値を設定しないようよろしくお願いいたします。 ・GPFS領域において、テープ装置へ移動されたデータ分は使用量としてカウントされません。 例:GPFSのHDDに1.5TB、テープに3TBある場合は、2TB分購入しておけばデータを維持する事ができる。    しかし、この状態ではHDD側を整理しないと、テープから500GB分しかHDDに取り出す事ができない。  例:ユーザのデータが4.5TBあった場合、GPFS上に2TB分だけ購入しておけば、2TB分GPFSのファイル    システム上にデータを保持することができ、残りの2.5TBはテープライブラリ上に保持することがで    きる。ファイルシステムからテープライブラリ上へのデータの移動はGPFS側で透過的に行われる。 以上