TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

利用可能なノード内の並列数を教えてください。

 バッチキューのノード内で使用できるスレッド数はキューによって異なります.
 
  - キュー名 ---- コア数 ---- 仮想コア ---- 備考
      S      12        24 
      V       8         16        (仮想環境)
     L(256-512)      32        64 
 

   ※仮想コアとは,ハイパースレッドを使用するという意味で表現しています.
 
OpenMP等を使用した場合のノード内スレッド数の上限は仮想コア数になりますが,
最適なスレッド数は実コアと仮想コアの間にあります.例えばVキューの場合は8から16です.
最も効果の高いスレッド数は,使用するアプリケーションの演算密度に左右される為,
事前の試験計算で性能を検証してからスレッド数を決定することをお勧めします.