TSUBAME3.0計算サービスのWebページはこちら

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

ディスクエラーやI/Oエラーによりアプリケーションが実行できません

 ホームディレクトリの残り使用可能量が少ない場合、アプリケーションの起動に失敗する場合があります。起動時のエラー例を当FAQ下部に示しました。

ホームディレクトリは1アカウントあたり25GBまでと使用可能量が設定されています。現在の使用状況の確認は"t2quota"コマンドで確認することができます。 

$ t2quota

このコマンドによって確認できる使用状況は一時間おきに更新されるため,リアルタイムでのホームディレクトリ使用状況を反映していない点にご注意ください.

もし、不足している場合は不要なファイルの削除を行うか、もしくはグループディスクの利用をご検討ください。ストレージ領域ごとの用途は TSUBAME 利用の手引きを,有料サービスの利用方法は GSIC web ページ内の以下 URL をご参照ください.

[TSUBAME利用の手引き ストレージの利用] http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/tsubame2/html/usage.html#us...

[有料サービス利用方法] http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/paid-services

 

起動時のエラー例

■ABAQUS の場合

***ERROR: An error occured during a write access to
/home/usr0/test-a-aa/sample.nck.0
file. Check the disk space on your system.

■ABAQUS CAEの場合

Abaqus License Manager checked out the following license(s):
"cae" version 6.8 from t2zlic01
.
X11 connection rejected because of wrong authentication.
FXApp::openDisplay: unable to open display localhost:12.0
Fatal Exception: connect
*** Error: Flush failed (utl_File: fsync)
error: Input/output error
file: /home/usr0/test-a-aa/abaqus_v6.8.gpr.10252.tmp
Abaqus Error: Abaqus/CAE Kernel exited with an error.

■Patranの場合

Use setenv DISPLAY machine:0 to initialize the display.
Error: No X display set in Function: 54
 Unable to initialize X.
System shutdown due to signal SIGSEGV
Detail code =382272112 Error address = 0x0