このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

グループディスク(/work0 , /work1, /data0)が利用できないのですが? (Disk quota exceeded が出る場合)

2011年4月よりグループディスク課金の試験運用を、2011年8月より本運用を開始しました。まずはグループディスク課金の仕組みついてをご覧になり、利用方法が間違っていないかご確認ください。1TB単位で毎に設定しますので、月の変わり目に特にご注意ください。

既に利用している場合

/work0,work1,data0 には制限があります。詳しくは
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/tsubame2/html/usage.html#usage-strage
「4.6.7 ストレージの制限」を参照してください。また、次の順で確認してください。

TSUBAMEポータルにて、当月分が正しく購入されているかご確認ください。

次に容量不足などが考えられますので、

t2quota -g (こちらコマンドで表示される使用量は最大で1時間前の物となりリアルタイムの値ではありません)

などでクオータ値を超えた容量を使用していないか確認してください。

ディスク使用量はファイルシステム単位(/work0,/work1,/data0等)でgidで判断しますので、他のグループディスク内に移動するだけでは使用量は増減しませんのでご注意ください。移動後にgidを変更する必要があります。

また、t2g-xxxxx グループのクオータ値に問題がなさそうな場合は、gidが"users"グループのファイルが存在しないか確認してください。詳しくはこちらお知らせをご覧ください。

グループディスク容量にはまだ余裕がありそうなのに、Disk quota exceeded が出る場合には、まず、ご自身の使用しているディレクトリのパーミッションを確認します。

> cd /work0/t2g-hogehoge
> ls -l 
drwxr-sr-x 17 xxxxx  t2g-hogehoge   4096 2012-11-14 14:09 tokoutaro

グループのパーミッションに"s"がある事を確認してください。もし、ない場合は

> chmod g+s tokoutaro

などとして、"s"を付けてください。また、使用者のTSUBAMEグループIDをセットします。

> newgrp  t2g-hogehoge

これで、ファイルを作れるはずですので、

> vi  hoge.txt

などとファイルを作成してみてください。
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/UNIX/UNIX.pdf
のP.29 なども参照ください。

 

利用手続きがまだの場合

1.TSUBAME2利用ポータルにグループ管理者(サブでもOK)がログインします。

2.トップメニューからTSUBAMEグループ管理を選択

3.TSUBAMEグループ管理のグループ一覧から該当グループの詳細表示を選択します。

4.TSUBAMEグループ詳細から利用オプションのグループディスクの設定を選択します。

5.グループディスクの設定容量が表示されますので、使用する容量を入れて「設定容量変更」を選択してください。

グループディスクの情報は当月分はすぐに反映されますので、確認してください。未来の設定の場合、その月の1日に有効になります。