MPI環境を切り替えて使用したいのですが ? (2016/5/27更新)

 TSUBAME2.5のMPI環境はデフォルトで

openmpi(1.6.5) + intel compiler(i2013.1.046)

になっています。この環境を変更して使用する場合は以下の操作を実施してください。

    > source set_ompi-1.6.5_i2013.1.046.sh          --  デフォルト(openmpi + intel)
    > source set_ompi-1.6.5_p16.1.sh                   --  openmpi + pgi
    > source set_ompi-1.6.5_g4.3.4.sh                    --  openmpi + gcc
    > source set_ompi-1.8.2_i2013.1.046_cuda7.5.sh  -- openmpi + intel (cuda7.5対応)
    > source set_ompi-1.8.2_p16.1_cuda7.5.sh           -- openmpi+pgi (cuda7.5対応)
    > source set_ompi-1.8.2_g4.3.4_cuda7.5.sh          -- openmpi+gcc(cuda7.5対応)
    > source set_mvp-2.0rc1_i2013.1.046_cuda7.5.sh  --  mvapich2 + intel
    > source set_mvp-2.0rc1_p16.1_cuda7.5.sh        --  mvapach2 + pgi
    > source set_mvp-2.0rc1_g4.3.4_cuda7.5.sh       --  mvapich2 + gcc
    > source set_mpch-3.1_i2013.1.046.sh            --  mpich2 + intel
    > source set_mpch-3.1_p16.1.sh                  --  mpich2 + pgi
    > source set_mpch-3.1_g4.3.4.sh                 --  mpich2 + gcc

 この環境でコンパイラの最新バージョンを使用したい場合は、
pgiの場合は
> source /usr/apps.sp3/isv/pgi/pgiset16.4.sh

intelの場合は
> source /usr/apps.sp3/isv/intel/2015.0.090/bin/compilervars.sh intel64
> source /usr/apps.sp3/isv/intel/2015.0.090/bin/ifortvars.sh intel64

とコマンドを発行することで切り替えができます。
切り替え後は、

> which mpif90
> mpif90 -V

などのコマンドで切り替わっていることを確認してください。

詳細は利用の手引6章
http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/docs/guides/tsubame2/html/programming.html
を参照してください。

※TSUBAME2.5で動作確認されているMPIバージョンは以下のものとなります。
OpenMPI:  1.6.5 (default) ,1.8.2(cuda6)
MVAPICH2: 2.0rc1 (cuda6)
MPICH2:   3.1
上記以外のバージョンがインストールされている場合がありますが、これらは試験的にインストールされているものであり、正常に動作しない場合や十分に性能が出ない場合があることにご注意ください。