PGIのコンパイラで作成したプログラムでワーニングがでますが。?

PGIのコンパイラは、11以降 Fortran 2003 完全準拠となっています。この仕様において、浮動小数点演算実行時に、プロセッサ演算機構の中で一般的なIEEE の例外シグナルが発生した場合、そのメッセージをプログラム実行終了時に、出力することになっており、このメッセージが該当します。

Warning: ieee_inexact is signaling
FORTRAN STOP

このメッセージが不要である場合、環境変数で抑止できます。
以下に例を示します。

> mpirun -np 4 ./s11
  TIME=     2.160556        959200037.9562378     
Warning: ieee_inexact is signaling
FORTRAN STOP
 :

> export NO_STOP_MESSAGE=yes
> mpirun -np 4 ./s11
  TIME=     2.154814        959200037.9562378     

○新しいバージョンでコンパイルしたプログラムを古い環境で実行すると、
 > ./sample2
 ./sample2: /usr/apps/isv/pgi/linux86-64/2010/libso/libnuma.so.1: no version information available (required by ./sample2)

このようなメッセージがでます。動く場合が多いようですが、コンパイルと実行の環境を合わせるようにしてください。

○コンパイル(リンク)時に使っていないモジュール名が表示されてエラーになる場合があります。以下に代表例を示します。

1) 環境のバージョンが違っている場合
 /usr/apps/isv/pgi/13.4/linux86-64/2013/libso/libpgf90rtl.so: undefined reference to `omp_set_schedule'
 /usr/apps/isv/pgi/13.4/linux86-64/2013/libso/libpgf90rtl.so: undefined reference to `omp_get_schedule'
 /usr/apps/isv/pgi/13.4/linux86-64/2013/libso/libpgf90rtl.so: undefined reference to `omp_set_nested'

 mpif90の新バージョンで発生します。
 FAQ:新しいコンパイラに対応したMPIを使いたいのですが。?
 http://tsubame.gsic.titech.ac.jp/node/918
 を参照して環境を調整してください。

2) 2G以上のメモリを使うプログラム
 /usr/apps/isv/pgi/13.2/linux86-64/13.2/lib/libpgf90.a(initpar.o): In function  `__hpf_myprocnum':initpar.c:(.text+0x2): relocation truncated to fit: R_X86_64_PC32 against symbol `__hpf_lcpu' defined in COMMON section in /usr/apps/isv/pgi/13.2/linux86-  64/13.2/lib/libpgf90.a(initpar.o)
 /usr/apps/isv/pgi/13.2/linux86-64/13.2/lib/libpgf90.a(initpar.o): In function `__hpf_ncpus':

 hpfを使用していないのにメッセージが出る場合、プログラムが2GBを超えていますので、コンパイル時にオプションを付加してください。

 > pgf95 -fastsse -mcmodel=medium -o sample20 sample20.f

 ただし、GPUプログラムではこのオプションは使用できません。