このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

東工大のペタコンTSUBAME2.0 が今秋、17 ペタフロップス(単精度) のTSUBAME2.5 に大幅性能向上(8/2更新)

利用者各位

平成25年7月16日

 【東工大のペタコン TSUBAME2.0 が今秋、17 ペタフロップス(単精度)の TSUBAME2.5 に大幅性能向上】
~防災・環境・医療領域における急激な需要の増加へ対応~

 東京工業大学学術国際情報センターは、今秋までに、現有するTSUBAME2.0 を TSUBAME2.5 として理論演算性能値は単精度 17 ペタフロップス、倍精度で 5.7 ペタフロップス(1 秒間に 5700 兆回の浮動 小数演算が可能)とTSUBAME2.0 に比べ約 2.4 倍の世界最高レベルへと大幅な性能向上となる増強を実施することになりました。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。
東工大のペタコンTSUBAME2.0 が今秋、17 ペタフロップス(単精度) のTSUBAME2.5 に大幅性能向上 (pdf)」

 

(7/19追記) TSUBAME2.5に関する質問と回答に掲載しました。TSUBAME2.5に関する質問と回答」をご覧ください。

(7/24追記) TSUBAME2.5の工程表を掲載しました。「TSUBAME2.5の移行日程について」をご覧ください。

(8/1追記) K20Xのインタラクティブをサービスインしました。「K20Xを搭載したインタラクティブノードのサービスインについて」をご覧ください。

(8/1追記) 「特定のノードを指定してジョブを投入する方法について」を掲載しました。

(8/2追記) 換装が完了したノードリストを公開しました。「K20Xへの換装が完了した計算ノードの一覧について」をご覧ください。