このページの更新は終了しました。

最新の情報はTSUBAME3.0計算サービスのWebページをご覧ください。

TSUBAME2.5からTSUBAME3.0へのデータ移行方法の資料はこちら

全学ストレージサービス(nest2)へ接続できません。

全学ストレージサービスはCIFSというプロトコルを利用しています。
Windowsのマイコンピュータ(explorer.exe)やMacのFinderからCIFSで、全学ストレージサービスにアクセスできない場合は以下をご確認ください。

1.学内のネットワークから利用してください
学外のネットワークからはexplorerやFinderで接続する事が出来ません。
なお、どうしても学外からアクセスしたい場合は、
TSUBAMEのインタラクティブノードの/nest2に同じ領域がマウントされているので、
WinSCPやCyberDuckなどのSCP/SFTPのソフトでTSUBAMEにログインしてください。

2.ポート445を空けてください
CIFSはポート445を利用します。ファイアウォールが動作している場合、
nest2.g.gsic.titech.ac.jpのポート445へのアクセスを許可してください。

 なお、NATルータ(家庭用の無線LANルーター、ブロードバンドルーター等)を利用している場合、
CIFS/SMB/Windowsファイル共有と名称は機器によっていろいろですが、
これらを標準で遮断している場合が多いのでご確認ください。